レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いと健康と注意点

スーパーなどでインスタントコーヒーを買っていると、だいたいすぐとなりの棚にある「レギュラーコーヒー」のコーナー。

よくわからないからいいやと、いつものインスタントを買っていても、じわじわと気になる存在です。


気になる


なんかツウっぽいというか、これを買うとそれまで知らなかった世界が広がるのではないか? という気すらします。そしれそれは、あながち間違いでもないです。


今回はこのふたつの違い、気をつけたほうがいい点などについてです。




レギュラーコーヒーとは


コーヒーはもともと

1.豆を焙煎(火にかける)する

2.焙煎した豆を砕いて粉状にする

3.粉にお湯を通していれる


こうやって出来上がります。


コーヒー
(写真・神戸六甲『月森』


もちろんそれぞれの過程ではいろいろな技術が存在するので、こんな「1、2、3でいっちょあがり」みたいなわけではないのですが、ものすごおおく簡単に言えばだいたいこんな感じということです。


それで、レギュラーコーヒーとは、「1.」のコーヒー豆、もしくは「2.」粉の状態で売られているもの、もしくはそれらから入れたコーヒーそのものということです。

「インスタントじゃない」とか「豆からいれた」といった言い方もされます。


「1.」の焙煎した豆というのは、よくイメージ写真やイラストで茶色い豆がありますが、まさにあれで、見るからにおいしそうですね。

コーヒー豆



「2.」の砕いた状態だと、見た目は粉ですが、単に豆を砕いただけなので、この点でインスタントコーヒーと違いがあります。

レギュラーコーヒーの粉



喫茶店やカフェなど、お店のコーヒーはこれなので、レギュラーコーヒーを買えば原理的にはお店とおなじものが出来ることになります。

もちろんお店では「3.」の「いれる」部分にプロの技術がありますので、はじめて入れる人がいきなり同じ味にできるわけではありませんが、あくまで原理的には同じということですね。


それでもインスタントよりは簡単においしく入れられますので、レギュラーコーヒーは風味豊かでおいしいと言えます。これが一番の違いであり、メリットです。

ただし入れるにあたって何かしらの器具が必要で、「今日からウチでも本格派で」と豆や粉だけをひょいっと買ってきて、いきなりつくれるわけではありません。

ようはレギュラーコーヒーは面倒とも言え、これがデメリットといえます。


なお、「味の違いなんてよく分からないんだけど」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

レギュラーとかインスタントなどコーヒーに味の違いは本当にあるの?


インスタントコーヒーとは


インスタントコーヒーとは

1.まず、上記と同様に豆からいれる

2.そこから水分をぬきとって粉状にしたものです。



インスタントコーヒー


いちどいれたコーヒーから水分をぬきとっただけなので、また水分を加えれば飲める状態にもどります。

お湯を入れるだけで専用の器具もいらないため、インスタントコーヒーは簡単なのが大きな違いで、メリットです。

そのかわり、いちど乾燥状態にするため、どうしても風味がそこなわれる、つまりレギュラーコーヒーと比較して味が落ちるのがデメリットです。



健康面での違いはあるのか


心配する


味だけでなく、体に良いか悪いかも気にされる人が多いと思います。


ただ、珈琲に関しては、インスタントといっても原材料はコーヒーのみなので、そのあたりの心配はなさそうです。


しかしながら「インスタントコーヒーを飲むと胃の調子がどうもよくない」という人もいるので、その理由となりそうなものも考えてみました。

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーと健康面で違いは?

くわしくはこちらをご覧いただければと思います。



レギュラーコーヒーにまつわる注意点


つぎに、気をつけたほうがいい点です。

そこまで神経質に心配するようなことはありませんが、いちおうは知っていたほうがいいです。


粉といってもインスタントとは別物


豆の状態だと一目で違いがわかるのですが、砕いた粉の状態だとインスタントコーヒーと見た目がにています。


レギュラーコーヒーとインスタントコーヒー

左がレギュラーで右がインスタント



インスタントコーヒーからグレードアップを考える人が、レギュラーコーヒーの粉を買ってきて、よく分からないからお湯にそのまま入れてしまうのは、初心者がやる大惨事のひとつです。

これだとおいしくないうえに、粉がそのまま残って飲めたものではありません。似ているからやってしまいそうになりますけどね。


この場合、ドリッパーやコーヒーマシンを使うなど、また違ったいれかたをします。


じつは専門店ではあまり使わない言葉


カフェや喫茶店、豆専門店で「レギュラーコーヒーください」といった言いかたは、ほとんどしないです。

なぜならこういったお店では「コーヒーといえば豆からいれたもの」なので、あえて言う必要がないからです。


おどろく


べつに言ったって間違いではないのですが、これはラーメン屋さんで「インスタントじゃないラーメンください」と言っているようなものなので、へたをするとちょっとバカにしている感じすら出るかもしれません。

また、こういったお店で「レギュラー」といえば、「標準的な濃さ」みたいな、ちょっと違うの意味で使われることもあります。


レギュラーコーヒーという言い方は、スーパーやコンビニのようにインスタントコーヒーといっしょに売られているお店や、ネットショップのように実物で確認できない場合に、両者を区別するために使われることが多いです。


専門店では単に「コーヒーください」と注文すれば、ちゃんとおいしいのが出てきます。もちろん、その店がちゃんとしたお店であればという話ですが。


外国では別の意味になる


違う意味だよ


これも似た話かもしれませんが、「豆から入れた」という意味でのレギュラーコーヒーは日本でしか通じない言葉、いわゆる和製英語です。

海外では「ミルクや砂糖の量を標準で」といった、まったく違う意味になるか、そもそもそんな言葉がなかったりするようなので、まあ海外に行くかどうは別にして、一応しっておいたほうがいいでしょう。



どうやって入れるの?


レギュラーコーヒー、つまり豆や粉からいれる場合、いろいろな方法があります。

・ペーパードリップ
・エスプレッソ
・サイフォン
・ネルドリップ
・フレンチプレス


などですね。他にもあります。がんばれば古今東西ゲームができるかもしれません。


どのいれ方にも良さがありますが、初めていれる場合、手軽なのはペーパードリップです。

ペーパードリップ


手軽ではありますが、ちゃんといれればプロ並みのコーヒーができるので、とてもよく使われるいれかたです。

また、ペーパードリップと同じような原理で、より簡単なもの、マシンを使ったものあり、それらをまとめて「ドリップ式」ということもあります。

ドリップのコーヒーについては、こちらで詳しく書いています。

コーヒーのドリップはインスタントより美味しくなるの?


「サイフォンでいれたあの店の味を再現したい」などの理由がとくにない場合、まずはドリップ式を試してみるといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ