コーヒーの苦味に慣れて味が分かるようになるために

今回はコーヒーの苦味についてです。

苦味といえば、ふつうは美味しくないもので「良薬口に苦し」なんてことわざがあるくらいです。

しかしコーヒーの場合それが風味になるので、考えてみれば不思議な話ですね。


それだけに、とくにコーヒーを飲み慣れていない人には、そのよさを説明するのはたいへん難しいところです。


疑問


正確には苦さそのものというよりは、コーヒー独特の香ばしさや口あたりなんかがいいのですが、これまた説明しにくいです。

結局、人に話すときは単に「苦味が好き」ということになって、案の定「なんで苦いのが好きなの? ものずきねえ」とか言われたりします。くやしい。

違うんですよ、おいしいんですよ!




そもそも苦味が必要なのか?


コーヒーを飲めるようになるのは、あの苦さに慣れることだと思っている人は多いでしょう。「ビールも最初は苦いけどなれるとおいしく感じる」のと似た感じですね。

これは確かに正解と言えます。最初は飲むのがつらいコーヒーも、慣れてくるにつれてその苦味(と香ばしさやら口あたりやら)が美味しく感じてきます。


コーヒー


ただし、コーヒーが好きな人でも

・苦味が好き
・酸味が好き

という人に分かれていきます。

もちろん両方好きという人もいますが、傾向としてどちらかになる人が多いということですね。僕はある程度は苦味のあるコーヒーがすきです(というより酸っぱいのが苦手)。

しかし逆に酸味が好きな場合、無理に苦味の強いコーヒーを飲む必要はないです、この辺りは好みですね。なるべく苦くない種類のコーヒーを探すのも手です。


コーヒーの酸味についてはこちらで書いています。

コーヒーの酸味を楽しむために知っておきたいこと


ただし、まったく苦くないコーヒーというのはなかなかないですから、どちらにしても最初は慣れていく必要があります。そのためについては続きで書いていきます。



コーヒーの苦みに慣れるためには


慣れるまでのあいだ、気をつけることは

なるべくよけいな味が入ってないものを飲む

ということです。


よけいな味というのは、

・煮詰まったような苦味
・よけいな成分による雑味

こういうものですね。苦味というよりは、えぐみと言ったほうがいいです。


いれてから時間がたったコーヒーは、どろんとした味がしますが、ああいったものは美味しくないです。作り置きでずっとウォーマーなどで長時間保温したコーヒーは、文字通り煮詰まっていきます。

おでんや煮物なら煮詰まると味が凝縮されておいしくなりますが、コーヒーが煮詰まると苦味が凝縮されて「ぐええ」となります。


また、いれるときに失敗するとコーヒーのうまみだけでなくよけいな成分まで入っていしまいますが、これもえぐみになってやはり「ぐええ」です。

こちらはあえて刺激的な味として好む人もいるようですが、一般的にはおいしいものではないです。


また、時間がたつことによるえぐみは完全にだめで、一晩おいたりしたら悲惨なことになります。カレーのようにはいかないのですね。


こういった「品質の悪い苦味」は無理に飲んでも胸やけを起こすばかりなので気をつけたほうがいいです。


知っておいた方がいい


最近はどこでもおいしいコーヒーを飲めるようになってきましたので、チェーン店やコンビニでも、ある程度の品質のものが飲めますが、どうしても管理が行き届かなくて豆をあけてから少し時間がたってしまっていることもあります。


こういうのは慣れてくると「うん、これは少し豆が古くなっているから本来の味ではないね」とか言えるようになって、まあ周りには「めんどくさいやつ」と思わるかもしれませんが、良し悪しは分かるようになります。


しかしそうでなければ、コーヒー本来の苦味か、品質低下によるえぐみの見分けがつきにくいです。

本来の味であればそのうち美味しく感じられますが、えぐみはいつまでたっても「ぐええ」でしょう。


できれば品質をきっちり管理されている専門店で豆を買うか、ちゃんと入れてくれるカフェや喫茶店にいくほうが分かりやすいです。


まあ最近はそこまで管理が行き届いていない店も減ってきていますし、たまたまということもあります。

一度ぐらいダメでも懲りずに飲んでみるのも手ですね。次はおいしいのが出てくるかもしれません。


慣れてくると


ある程度飲みなれてくると、コーヒーの苦味がそれほど気にならなくなってきます。もしかすると「ちょっとおいしいかも」と思うようになっているかもしれません。


コーヒー味のケーキやアイスが好きな人は多いと思いますが、あのコーヒーの部分をそのまま味わうわけですから、美味しいのも分かると思います。


コーヒーがおいしい


この段階になると、おそらく、

香ばしい苦味が好き
フルーティーな酸味が好き

などと好みが出てくると思います。


○○店のコーヒーはダメだけど○○店ならおいしいとか言うようにもなってきますし、もしかしたらコンビニや画一化されたチェーン店の味では物足りなくなってくるかもしれません。

もちろんコンビニやチェーン店のコーヒーがダメというわけではないですが、おいしい専門店はやはり凄いコーヒーを出してきますからね。


そうなると自分の好みに合わせて「苦味の美味しいコーヒー」「あんまり苦くないコーヒー」を出すお店で注文するようにすればいいでしょう。

こちらでもくわしく書いています。

コーヒーにおける苦味のおいしさと探し方について


あちこちのお店に行っているとたぶん「この店の出すものは好みに合う」というのが出てくると思います。


こういった好みが出てくると非常に楽しくなってきますが、まずはそのためにもコーヒーの苦味になれるのは大切だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ