レギュラーとかインスタントなどコーヒーに味の違いは本当にあるの?

コーヒーを自分でいれたり、カフェや喫茶店に行っていると話すと、

「自分には味なんて分からないよ」
と言われることがあります。


分からない


まあこれはもっともな疑問で、僕も最初は

「あんな苦くて濃くて黒くてよく分からない飲み物に違いなんて、どういうことだろう?」
と思っていたものです。

ラーメン屋さんのように「あっちはしょうゆだけど、こっちはとんこつ」みたいな、はっきりと比較できるものでもないですからね。


あまり細かい風味の話は置いておいて、今回はインスタントコーヒーとレギュラーコーヒー(お店のものなど)の違いなど、おおまかな点について話します。




ブラックで飲む場合


コーヒーのよしあしというのは、おおまかに分けると、

・香りがしっかりしている
・苦みや酸味などの味がよい
・雑味がない


になるかと思います。


コーヒー

(写真・神戸六甲「信州安曇乃」)


味や香りをこまかく言うと永遠にでも続く長い話になり、専門店でたまにそうなりますが、今回は「インスタントとレギュラーコーヒーの違い」など、あくまでおおまなか部分についてなので、そのあたりはごっそりと省きます。


そうなると分かりやすいのが「香り」と「雑味のなさ」だと思います。


上質なコーヒーは飲む前から香りがふわっと来ます。

「コーヒーは飲めないけど、あの香りは好き」
という人も多いかと思いますが、まさにその香り。


また、雑味がないと飲んだときに「ぐえっ」となりにくく、あとくちがスッキリしています。

逆に「雑味のあるコーヒー」は、どろんとした苦みや、ツーンとした酸味が残って、飲むのが大変になってきます。無理して飲むと胸やけなどが起きることもあります。

たとえばインスタントではブラックは飲めない場合でも、レギュラーコーヒーだったらクセがないから大丈夫だったりするのは、この雑味のなさが大きいです。


味がよく分からない場合、最初は飲みやすいかどうかで区別をつけると分かりやすいです

「これはブラックで飲んでも気持ち悪くならないぞ」
というのは良質なコーヒーと言えるでしょう。


ミルクを入れる場合

ミルク


ミルクを入れて飲む場合、香りや雑味は分かりにくくなりますので、コーヒーの味がちゃんと感じられるかどうかで判断するといいでしょう。

しっかりと入れたコーヒーだと、カフェオレにしてミルクに負けない風味が感じられます。

ただしミルクを入れると、どうしてもコーヒーそのものの味は分かりにくくなるので、違いを見分けるのはむつかしくなります。


味の違いを知ろうと思う場合、ミルクを入れる前に、なめるくらいでいいのでブラックで試してみるのもいいです。

ただしさきほど言った通り、質のよくないコーヒーは変な刺激があるで、なるべくちゃんとしたコーヒーで試したほうがいいです。



こんな場合は違いが出にくい


レギュラーコーヒーはおいしいといっても、次のケースでは、そんなに変わらなくなります。

「インスタントと違いが分からないんだけど」と思っても、これらのケースに当てはまっているだけのことが多いので、「ひょっとして味オンチ?」などと心配しなくても大丈夫です。

また、だれかに「コーヒーなんてみんな一緒だよ、気取りやがって!」なんて言われたとしても、たいていは相手が次のケースに当てはまっているだけなので、これもまた気にする必要はないでしょう。


粗悪な豆や、いれ方がよくない

ダメ


豆は品質が悪いと、いくらレギュラーコーヒーでもおいしくはならないです。

また、コーヒー豆は味が劣化しやすいため、保存状態がよくなかったり古くなったりすると、これもダメです。

それと豆がよくても、いれ方が悪い、あまりにも下手だと、やはりレギュラーコーヒーでもおいしくなくなります。


これだとインスタントコーヒーと違いがなかったり、ひどい場合はインスタントのほうがまだいい、ということになります。

喫茶店やカフェで飲む場合も、なるべくいろんなお店をためすか、評判のよいところに行ったほうがいいです。


ミルクや砂糖をたくさんいれる

ミルク入りコーヒー


さきほども少し言いましたが、コーヒーの味はミルクや砂糖を入れると違いがわかりにくくなります。

少しぐらいならそうでもないですが、カフェオレのようになみなみと入れ、砂糖をたっぷりの甘いコーヒー牛乳のようにしてしまうと、インスタントコーヒーでもレギュラーコーヒーでも、そこまで違いは感じられないかもしれません。


コーヒーに飲みなれていない

苦い


コーヒーの味はブラックで飲んだほうが分かりやすいのですが、ある程度飲み慣れていないと違いが分かりにくいです。


というよりも、初めてコーヒーをブラックで飲むと「にがっ!」となって、味の違いもなにもないことが多いです。

ビールなども最初は苦いだけだったけど、いつの間にかおいしく感じるようになったという人も多いと思いますが、コーヒーも同様のことが言えます。

こればっかりは飲みなれないとしょうがないですね。


無理に知る必要はありませんが


コーヒーを飲むからにはブラックで味を知るべし、みたいな感じで無理に知る必要はぜんぜんないですが、味の違いが分かるようになると、単純に楽しさはそれだけ大きくなります。


感動する


そのうちに感動するような美味しい一杯にめぐりあうので、そうなるとやみつきになります。


コーヒーにかぎった話ではないですが、とても素晴らしいものに出会うと細かい悩みがふきとんだりしますね。

そうなると生活の質そのものがあがりますので、興味があるならいろいろと飲んでみるといいでしょう。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ