尚半(shohancoffee)、落ち着きつつも魅力あふれる隠れ家

阪急芦屋駅のあたりは、ほそい道が多くてお店を見つけるのが楽しいのですが、なかでも嬉しかったのこちらです。


尚半(しょうはん)


「尚半」の入口


われながらよく見つけたものです。見つける価値は充分すぎるほどあります。




お店に入るまで


「shohancoffee」外観

建物を外から見ると、とてもこの奥に喫茶店やカフェがあるとは思えませんが、「尚半(shohancoffee)」はこの奥です。


反対側にも入り口があって、こちらは外から見えますね。

反対側の入口


ただ駐車場の一番奥なので、うっかりすると見逃しそうになります。

しかし駅からはすぐそこの距離なので、一度覚えるとかなり便利な場所です。


電車から降りてすぐに静かな場所に行けるのは阪急芦屋川駅のいいところだと思っているのですが、「尚半」はそのよさをそのまま感じられる場所にあります。


なかの雰囲気


入ってみると、おしゃれなカフェ…

「shohancoffee」テーブル席


なんですが、よく見ると民家を改装しているようなんですね。それもけっこう年季が入っている感じ。

「shohancoffee」2階


この古さと新しさの混ざりかたが独特といいますか、ほかにないところだと思います。

新しいお店なのに黒電話があったりします。しかもそれが違和感なくなじんでいます。


いわゆる「古民家カフェ」は、古い建物をそのまま活かすか、中だけすっかり新しくすることが多いですが、この「尚半」はそれらが両方感じられますね。

トリックアートで人の絵に見えたり花瓶に見えたりするものがありますが、このお店も壁とかをじいいっと見ていると「洗練されたカフェ」「昭和の懐かしい家」のどちらにも見えるような気がします。


メニューについて


尚半のメニューもまた、その外観のようにクラシカルなものと新しいものが両方あります。


まずはコーヒー。

「尚半」のコーヒー

これは見ての通り王道のドリップコーヒーですね。


超本格派で、しっかりとした香りとほのかな甘味があり、かなりおいしいです。ちなみに深煎りです。

僕は深煎りのしっかりとしたコーヒーが好きなんで、これを飲みに来るだけでも価値があります。


となるとカフェラテもまた、苦味の聞いた本格派…、

と思っていたら、こちらはミルクの甘味がきいたふわふわの風味。これなら女性でも安心です。

「尚半」のカフェラテ


あとはこのハニートーストが絶品でした。

「尚半」のハニーバタートースト

このトーストは手作りだそうで、「ふわっ」と「カリッ」が両方あります。そしてバターとはちみつが濃厚。


尚半は個人でされているお店なので、メニューの種類がずららーと大量に並んでいるわけではないですが、厳選された美味しいものだけが置かれているので、かえって迷わなくていいですね。

どれもひとつひとつていねいに作っているのを感じられます。


スポンサーリンク


こんな時にいいと思います


個人的に「尚半(shohancoffee)」は、


・とにかくおいしいものを飲みたい
・落ち着いた隠れ家の雰囲気を味わいたい
・ありきたりでないお店が好き

という場合にいいと思いました。


味と店内の雰囲気は抜群ですね。


「shohancoffee」1階席


神戸やその近辺は、コーヒーの美味しい店はたくさんあるのですが、尚半のコーヒーは他とはちがう独特の風味があるので、あえてここに行きたいという気持ちになります。


また、カフェラテなどのカフェメニューですが、これらは美味しいお店が少ないんですよね。

機械を使った飲み物って適当に入れてもそれなりの味になるからかもしれませんが、それ以上のクオリティのお店はどうしてもかぎられてきます。

それだけにここのカフェラテは貴重に感じます。ソイラテ(牛乳のかわりに豆乳を使ったもの)もおいしかったです。


あと一見すると可愛らしい内装に見えますが、実際は落ち着いていて、女性っぽいような男性っぽいような、両方の雰囲気があるのも特徴だと思います。

それに新鮮でありながら懐かしさも感じられる。
コーヒーは苦いのにカフェラテは甘い。

つまり「○○なお店」みたいに、ひとことで言い表せないのが面白いと感じます。


黒電話


こんな場合は注意


反対に、気をつけたほうがいいのは

・大勢でわいわいしたい
・浅煎りの軽いコーヒーがいい
・食事したい

こんな場合ですね。


尚半(shohancoffee)は小さなお店で、2階に6席のみ、そしてすべて2名がけのテーブルです


4名ぐらいまでなら、なんとかなるかもしれませんが、大勢で気兼ねなくさわぐには、もっと広い店のほうが良さそうです。

ただ、席数が少ないとはいえ、テーブルの間は余裕がありますので、ゆったりと落ち着くにはよいです


それとコーヒーはしっかりとした深煎りなので、酸味の強い浅煎りとは逆になります。

「コーヒーはアメリカンじゃないと」という人には向かないと思います。

あとくちはスッキリしているので、飲みにくさはないでしょう。


食事については、そもそも置いていません。

ただし前述したとおりハニーバタートーストは素晴らしいので、少し食べて落ち着くにはいいでしょう。


こんな心配は不要!


奥まった場所で、中が見にくいので、

「ひょっとして気難しい人がやっているのでは…」

と思いましたが、そんな心配はまず無用でした。


かなり丁寧な接客をしていただけるので、雑なあつかいを受けて気まずい思いをすることはまずないでしょう。

ドア


お店の入り口まで来て

「どうしようかな…」

と迷うことはあるかと思いますが、とりあえず気楽にのぞいてみるだけでも大丈夫だと思いますよ。


まとめ


「尚半(shohancoffee)」は、ぱっと見ると

・綺麗でおしゃれなカフェ
・隠れ家喫茶店

といった印象をもつかもしれませんが、行ってみるとお店の方の個性が色濃くでていて、とても面白いです。


置いているもの


レトロで懐かしいお店もかなり好きなのですが、そういったお店ばかりに行っていると、どうしても時代の変化についていくのが面倒に感じることがあります。


そんなときにこの「尚半」に行ってみると、ここには新しさもありますので、

「昔も良かったけど、未来もかなり良さそう」

という気分になれますね。


落ち着いてゆっくりすることもできますし、パリッと綺麗な雰囲気で元気になることもできるお店だと思います。


店舗の情報


【住所】兵庫県芦屋市東芦屋町5-8
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】月曜日
【座席数】1階2席、2階6席

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ