コーヒーのドリップはインスタントより美味しくなるの?

最近はドリップコーヒーという言い方をよく聞くようになったので、言葉そのものは知っている人も多いでしょう。

しかしそれが一体なんのことを言っているのかというと、よく分からないかもしれません。

お店の看板とかで「ドリップの本格コーヒー!!」とか書いてあるだけですもの。


分からない


ただ、いつもインスタントで飲んでいる人にとって、大幅にグレードアップできるのは確かです。

これらの違いと、ドリップコーヒーはどういった入れ方があるのかについてです。





ドリップコーヒーとは何か


ドリップコーヒーとは、挽いた(くだいて粉状にした)コーヒー豆の上からお湯を注ぐいれかたのものです。

豆はインスタントコーヒーと違って水に溶けないので、フィルターで濾(こ)して豆を取り除きながらいれるのです……が、こう言葉で説明しても謎だと思いますので、写真を見ていただければなんとなくイメージできるかと思います。


ペーパードリップ


喫茶店やカフェで「マスターのいれるコーヒーは最高だね!」とか言っているのも、このいれ方のものが多いですね。なんとなくこういう店のマスターはちょびヒゲとエプロンが似合いそうですが、実際にはそういった人はあまり見たことがありません。


もちろんドリップ式以外でも美味しいいれかたはあるので、いろんなお店のコーヒーを飲んでみるとおもしろいです。

それでも家でいれるとなると、このやり方が一番お手軽でいいでしょう。



インスタントとの違い


最大の違いは、使う材料です。

ドリップ式で使っているのは、レギュラーコーヒーというコーヒー豆そのままのもの。


レギュラーコーヒー


豆から直接いれるため、コーヒー本来の風味をそのまま味わえる、つまり美味しいということになります。。

最大というか、これしか違いがないようなものですね、しかしこれがとても大切なことなのです。

くわしくはこちらの記事で書いています。

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いと注意点


まあくわしく知るのが面倒であれば「ドリップでいれたコーヒーはインスタントより味がいい」という認識で大丈夫です。


あと雰囲気もいいですね。

ドラマやアニメとかで朝にコポコポとコーヒーをいれるシーンがありますが、あれもドリップコーヒーです。たいていは鳥がちゅんちゅん鳴いたり、窓から光が差し込んだりとかしています。


朝のコーヒー


こういうのもインスタントで出来なくはないですが、やはりドリップのほうがより絵になりそうです。



このような入れ方があります


ひとくにちドリップ式といってもいろいろあるのですが、比較的簡単に出来るものは次のものです。


ペーパードリップ


ドリップ式のみならず、レギュラーコーヒーの入れ方全般において、とてもよく使われる方法です。さっきの写真のがそうです。

メリット : 美味しい、器具が安い

デメリット : 少し手間で、慣れる必要がある

初期費用 : 数百円~1万円ぐらい


どのように入れているかはこの動画が分かりやすいです。





器具代が安く手軽にはじめられながらも、どこまでも味を追及していけるすぐれものです。喫茶店のマスターっぽい気分になれます。


ただし手作業で入れるので(ハンドドリップといいます)、入れ方次第で良くも悪くもなり、ある程度はコツを覚える必要があります。


ドリップバッグ


ペーパードリップをさらに手軽にしたものですね。

メリット : 専用の道具がいらない

デメリット : 味はそこそこ、少し慣れがいる

初期費用 : 0円~数千円ぐらい


カップとお湯そそぐポットさえあればいいので、贈り物などにも使えます。

ただ、もらった人に知識がない場合、ティーバッグと間違えてそのままお湯の中に放りこまれたり、麦茶のパックと間違えて煮込められたりと、悲しい運命になることが多いものでもあります。


正しい入れ方はこれです。




ペーパードリップと同様にやや慣れがいります。

また、簡易的な入れ方なので、そこまで味は追及できませんが、インスタントよりは良くなります。

専用の器具を用意しなくていいのが一番の魅力なので、「なんかよく分からんけどドリップコーヒーを試したい」という場合におすすめです。


コーヒーマシン


これもお馴染みの方法といえるでしょう。

メリット : 技術がいらない

デメリット : マシンが必要、味は機械次第

初期費用 : 数千円~どこまでも


コーヒーマシンの種類はいろいろありますが、ドリップ式で一般的なのはこういった形のものです。





機械が入れてくれるので誰でもできますし、自動なので入れている間に他のことが出来るのがいいですね。

朝食をつくりながらコーヒーをいれると映画やドラマの主人公になった気分になれます。


デメリットはコーヒーマシンを買わないといけないことと、誰でもできる反面、誰がやっても同じような味になることです。


ハンドドリップがプロの喫茶店やカフェのコーヒーだとすると、コーヒーマシンはチェーン店のイメージですね。

逆に言えば味が安定しているとも言えますし、マシンも安いものなら2千円ぐらいであるので、考えようによっては手軽にできると言えますね。


まとめ


ドリップ式なら、どの入れ方でもインスタントコーヒーよりはおいしくなります。


失敗したくないならコーヒーマシン

安く試したいならドリップバッグ

本格的にやりたいならペーパードリップ

といったところでしょうか。


個人的にはペーパードリップかコーヒーマシンがいいと思いますが、ドリップバッグはなにしろ道具がいらないので、とりあえずこれで試してドリップコーヒーがどんなものか試すのもいいですね。

自分でコーヒーを入れるのは美味しいだけでなく、ちょっと特別な時間をすごしている気分になれますので、なかなか楽しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ