BOSS BLACK(ボスブラック)のカフェ好きによるレビューと口コミ

さいはての山奥でも自販機さえあれば手に入る缶飲料には「手軽さ」という最強の武器があります。


カフェや喫茶店の本格的なコーヒーには風味でおよばないにしても、仕事の休憩など缶飲料ぐらいしか飲めない環境でコーヒーが飲みたいときもあります。

そんなとき、缶コーヒーはいつでもそばにいてくれる頼もしい味方であるには間違いありません。


BOSS BLACK(ボスブラック)


今回は僕が缶コーヒーを飲むときに一番よく選んでいるサントリーの「BOSS BLACK(ボスブラック)」についてです。




味の特徴


正面


BOSS BLACKの特徴はつぎのものです。

・コーヒーのみで香料なし
・苦みが強め、酸味はほぼなし
・雑味がない


コーヒーは時間がたつと香りの大半がなくなってしまうので、香料を添加して擬似的にいれたての香りを再現している製品が多いです。

この香料に違和感を覚える人は一定数いるようですが、ボスブラックは香料無添加なのでコーヒー本来の味が楽しめます。


公式サイトに「仕事の切り替え時にぴったり」と書いていましたが、雑味がなくコーヒーそのもののインパクトのある味は、たしかに気分転換用に向いていますね。


色の確認

色はかなり黒いので「深煎り」だというのが分かります。ちなみに浅煎りコーヒーはもう少し茶色っぽい色になります。

「深煎り」「浅煎り」は焙煎というコーヒーを作る過程のひとつをあらわしていて、深いと苦いコーヒー、浅いと酸味の強いコーヒーになります。

「極深煎り」だともっと真っ黒になるのですが、底の方が少し茶色っぽく見えてますので、そこまでではないということですね。



飲んだ感じとしては「コーヒー本来の苦みを感じる。あとくちがすっきり」です。「雑味なし」のうたい文句の通りです。


また、使っている水もほどよくミネラル分を感じさせます。

コーヒーに使う水はミネラルがほどよくあると苦みがおいしく感じられますが(多すぎるとそれはそれでダメなのですが)、ボスブラックはこのミネラルのバランスがよいと感じました。

この点については本格派のコーヒーと同じような味わいがあります。


裏面


反面、香料はおろか、酸味やコクのようなものもサッパリないので、どうしても物足りなさを感じるのがデメリットといえそうですね。


酸味、コクはコーヒーにおける主要な成分ですが、時間がたつと「すえたにおい」「えぐみ」といったものに変質しやすいので、そういった保存に向かない要素をバッサリ切り捨てたのかもしれません。

この潔ぎよさが「BOSS BLACK」のメリットですね。コーヒー本来のよさのうち、缶にしても再現できる要素を追及しているという印象です。



使っている豆は書いていないので分かりませんが、味としては、ごく軽めに入れたマンデリンかジャバロブスター、あるいは中深煎りのブラジルサントスあたりが近いように思います。

コンビニのコーヒーだとセブンイレブンがやや似ている印象です。


ボスブラックの口コミ


口コミ


ブラックの缶コーヒーにおける定番のひとつだけあって、口コミはおおむね高評価です。

「すっきりしている」
「余計な香料、添加物が入っていない」
「飲みやすい」

といったものが多かったです。


悪い口コミとしては

「苦い」
「眠気が覚めない」

というものがありましたので、そういったデメリットが気になる人は気をつけたほうがいいでしょう。


まあBOSS BLACKは苦み主体のコーヒーなので、これはしょうがないと思います。

苦いコーヒーは飲んだ時のインパクトがあるので気分転換には向いていますが、眠気覚ましの効果は酸味のあるコーヒーのほうが期待できると思います。


他のブラック缶コーヒーとの比較


UCC BLACK(ユーシーシーブラック)


こちらも香料無添加を売りにしているので、コーヒー本来の味を楽しみたい人向けです。

ボスブラックとの違いとして、UCCブラックは酸味もあるので、やさしい風味を楽しみたい人にはこちらのほうがよさそうです。

一方で、酸味が苦手、苦みのインパクトとあとくちのすっきりさが好きならBOSSブラックがいいでしょう。


ジョージア、ワンダなどの香料入りブラック


これらのメーカーは香料が入っているので少しコンセプトが違います。


最初にのべたとおりコーヒーはいれてから時間がたつと香りの大半がなくなるので、ボスやUCCのような香料無添加のものは余計な味がないかわりに、どうしても淡泊な印象になってしまいます。

ジョージアやワンダなどは香料を入れることによってそのデメリットをカバーしていて、たしかにこれらのメーカーの缶コーヒーは飲んだ時に香りがふわっと感じます。

喫茶店やカフェなどのレギュラーコーヒーのように味も香りもゆっくり味わうならこちらのほうが向いていますね。


ただ、香りといってもあくまで香料によるものなので、本来のコーヒーの味や香りを知っている人には「なんか違う」となるかもしれませんし、そもそも添加物が苦手な人には向かないというデメリットもあります。

そういった人はBOSSブラック、UCCブラックを選ぶといいでしょう。


まとめ


以上のようにBOSS BLACK(ボスブラック)は

・雑味のないすっきりしたブラックが好き
・苦みが好き、酸味は苦手
・香料や添加物などよけいなものはいらない

という人にむいたコーヒーだと思います。


ゆっくりと味わうというよりも、つかれた時や気分をかえたいときに、さっと飲んで「よし!」みたいな飲み方が向いていますね。


味をとことん追求したいのなら頑張ってレギュラーコーヒーか、せめてインスタントコーヒーにするほうがいいとなるのはしょうがないです。

しかしコーヒーは細かい味がどうこうだけでなく、飲むときの気分やシチュエーションも大切なので、開けてすぐ飲める缶コーヒーはまた違ったよさがあるといえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ