月森

仕事が遅くなった日の帰り道。

あたりは暗く、
ほとんどのお店は閉まっていて、
ただ帰るしかないような時間…。

そんな中、ふと寄った路地の中で、
建物の窓からオレンジの光が見えると
それは入ってみたくなるものです。


とても良い空間のお店です。


月森

月森外観

阪急六甲駅から南西に、
駅からは近いですが、あたりは静かな住宅街、
そんな場所にあります。

店舗情報

【住所】神戸市灘区八幡町3丁目6-17 六甲ヴィラ1のB
【電話番号】078-861-1570
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】日曜日、その他不定休あり


定休日が不定なので
遠方から行く人は、あらかじめ電話で
開いているか確認したほうがいいでしょう。



店内


物は低い位置に、壁はシンプル
天井は部屋の大きさに比べて高めです。

月森テーブル席

お店に入った瞬間、
頭の中が、何かから解放されたような
「スッ」と疲れがぬけるような感覚になります。


月森カウンター側


どこからともなく音楽は流れていますが、
スピーカーは見当たらなく、
そして、ゆるやかな光と、古い本、

なんだか、うたたねしている時の
夢に出きそうな情景です。


なにを注文しても美味しいお店


最近ではホットケーキが有名になりすぎて
なんだか「月森はホットケーキのお店」
みたいな印象をもたれることもあるようです。


もちろんホットケーキは文句なしにおいしくて、
これだけのためにきても充分価値はある
のですが
ここのお店の魅力はそれだけではなく、

コーヒーと紅茶、
どちらも専門店としても通じるお味です。


コーヒー

コーヒーと本、いいですね


ミルクティー

紅茶と本、これもいいですね


コーヒーは知る人ぞ知る「樽珈屋」の豆、
紅茶は芦屋の「Uf-fu(ウーフ)」のブレンド、
どちらも香りがしっかり、
味は重すぎず、飲みやすいです。


珈琲と紅茶のどちらかが美味しいお店は多くても
両方おいしいお店はなかなかないんですよね。

あと、さりげなくあるドーナツが、かなりいいいです。


ホットケーキ


これ目当てで、月森に行く人は多いと思います。

月森ホットケーキ

ごらんの通り、
一見すると超古典的といいますか、
ドラえもんで、のび太くんのママが焼いてくれそうな
シンプルなホットケーキです。


しかしこれがとにかくおいしい。


ほどよくかりっと、ほどよくふんわり。
食べていくにつれて、
口の中にほんのり甘い風味がたまっていきます。

僕は最初、評判なんて知らず
「ホットケーキなんてあるんだ」
と、何気なく注文して、びっくりしたのを
今でもよく覚えています。

他にはオニオングラタンスープ、
ピザトーストがあります。


こんな人は注意を


月森はとても魅力的なお店ですが、

・まち時間が長め
・お店はかなり静か


この二点は知っておいたほうがいいかとは思います。

個人的にはどちらも魅力に感じるところなんですけどね。


「静かなのはともかく、待つのが魅力とはどういうこと?」

と思われそうですが、
月森はなにしろお店の雰囲気がいいので、
待っている時間が苦になりません。


静かな空間で本でも読んでいると
1時間ぐらいはすぐに過ぎてしまいます。


時間がかかるのは、
おそらく作り置きを一切せずに
注文してから作っているのと、
どんなに忙しくても手を抜かないからだと思います。

じっさいに、この月森では
どんなに混んでいても雑なものが出てきたことはないですから。


ただ、時間のかかるホットケーキの注文が重なると
本当に1時間以上待つこともありますので、

「とにかく早く食べてすぐに出かけたい」
というような急ぐ人には向かないと思います。



店内が静かなことについては
普通の会話ぐらいなら問題ないですが、
大きな声を出すとかなり目立ちます。


大人数でわいわい騒ぐのは
向かないというか、無理だと思います。


やはりゆったりと静かに過ごしたい人に向いていると思います。


のんびり過ごすにはとにかく魅力です


カウンター下


せっかちな人はもちろん、
普通の感覚でもわりと待つことが多いですが
とにかく落ち着けますし、
なんといっても出てくるものがみんな美味しいです。



時間を忘れておいしいものを食べて
静かな音楽をきいていると
ちょっとぐらいの疲れはふっとんでくれますね。

いったん気に入ると
やみつきになるお店だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ