岡本珈琲館

もう40年ぐらいやっているお店なので
地元に住んでいる人なら、行ったことのない人でも

「ああ、あの川沿いのお店ね」
みたいな感じで知っていたりします。

レンガ造りの外観は、いつも見ていると
意識していなくても記憶に残りますね。


岡本珈琲館

岡本珈琲館外観

このあたりは、まわりに高い建物がなく、
太陽の光がさんさんと降り注いで明るいため
外から中の様子はちょっと分かりにくいです。

最近のガラス張りのカフェに慣れた人にとっては
少々入りにくいかも。僕も最初はそうでした。


評判のよいお店なので行ってみたいと思いながらも
中がどんなのか分からなく、お店の前を2,3往復してみたり。

結局入りましたけど。入ってよかった。

店舗情報


【住所】神戸市東灘区岡本1丁目10−16 カレント岡本1F
【電話番号】078-441-0690
【営業時間】10:30~19:00
【定休日】水曜日
【座席数】カウンター7席テーブル17席
【たばこ】禁煙

2014年に営業時間、
2015年に定休日が変更されています。



お店の雰囲気


中はこんな感じです。

岡本珈琲館テーブル席

カウンター側。
岡本珈琲館カウンター

天気のよい昼下がりなどは
窓から差し込む光でカウンターにある銀のポットが
キラキラ光っています。


こういうのいいなあ!


テレビの撮影やドラマなどにも使われただけあって
かなり本格的な造りといいますか、重厚な雰囲気がありますが、
それでいて威圧感のない、絶妙な空間です。

ミニチュアカップと家具

入り口にはミニチュアのカップと家具がたくさん!


コーヒー店によくある

「うちは上等のもの出してるから心して飲め」

といった構えたところはなく、自然にスッと出てくるので、
おしゃべりしながら、なんとなーく飲んで、

「おいしー!!」

となる、そんな感じのお店です。


ココアとチーズケーキ


お店の名前に「珈琲」がつく
喫茶店やカフェは、普通ならば

「そういうからにはコーヒーおいしいんでしょうね」

というところから話が始まるのですが
ここはそんなの当然というか、
もうそんな次元はひょいと飛び越えていて

むしろ話題はコーヒー以外のものになりがち。


中でも有名なのが

ココアとチーズケーキ

ココア

チーズケーキ

一緒に注文すると、お皿のがらを合わせてくれることも。


テレビで紹介されたときに
月亭八光さんが召し上がっていたのもこのふたつでした。
(「珈琲館」なのにね)

でも、あえてコーヒーではなく
これらが紹介されるだけあって、絶品。
濃厚で、なめらかな舌触り、
カカオとクリームの風味が、ふわーと漂ってきます。



昔、これを飲んでいる友達に、あれこれ話かけていたら
「これ美味しいから、少し黙っていて!」
なんて言われたくらいです。そんな……。

でもココアが突き抜けておいしいお店って
意外とないですからね。貴重ですね。


コーヒーについて


コーヒーは、かなりしっかりとしているので
カフェオレとして注文しても風味がありますし、
そのまま飲むと、香りが抜群。


コーヒー

入れ方も希望すれば
濃いめにしてくれたり、軽めにしてくれたりしてくれます。

通っていくと、だんだん何も言わずとも
自分好みの味のものが出てきます。
これはなかなか珍しい体験なんです。

コーヒーの名店では
「うちの味はこうです!!」
という押し出しの強い店が多いですから。


それはそれで個性があっていいのですが、
やっぱり自分の好きな味にいれてくれれば
それが一番いいに決まってます。


僕はなんだかんだで
ここにくると8割がたはコーヒー飲んでます。
ほっとしますねー。


岡本珈琲館の中


おいしいものを飲んでゆっくりするとは
こういうことなんだな、と思い出させてくれます。

岡本でぜひおすすめのお店です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ