コーヒーハウス井戸

阪神御影駅から徒歩圏内でありながら
駐車場もあるるので、電車、徒歩ともに行きやすい、
さらに営業時間が長いという、利便性が随一、

そして
その雰囲気に独得の味がある喫茶店です。


コーヒーハウス井戸

コーヒーハウス井戸、外観

御影で行くところに迷ったらここで一息しています。

店舗情報


【住所】兵庫県神戸市東灘区御影本町6丁目2-22
【電話番号】078-822-3278
【営業時間】8:00~22:00
【定休日】なし
【たばこ】喫煙可



お店の中


写真で見るとヨーロピアン調ですが
実際に行ってみるとアメリカンな雰囲気もあるように思います。

テーブル席01

カウンター席

とても懐かしさをがありますが
古びた感じはなく、綺麗です。



昭和のテイストと、古き良き時代を感じる店内は
小説か映画のシーンに出てきそう。

テーブル席02


店内は分煙されていませんが、
なんか、こう、
そのほうが似合っている気がします。

テーブル席03

たばこ嫌いの人は注意ですが、
僕はそこまで気にしないので。

もちろん喫煙される人には、ありがたいでしょう。


意外なほど現代的な味


コーヒーハウス井戸の珈琲ですが
苦味がきいていてあとくちがすっきり、
酸味はあまり感じませんでした。


苦味主体とはいえ、それほど重くなく
飲みやすいのではないでしょうか。

コーヒーハウス井戸、コーヒー

アメリカンな雰囲気もあるといいましたが
コーヒーはアメリカンというよりは
しっかりとした風味、それでいて軽やかさもあるので
幅広い人に受けそうです。


こちらはクロワッサンのサンドイッチ、
パンの風味とハムや野菜に新鮮さがあって
おいしかったです。


コーヒーハウス井戸、サンドイッチ

見た目こそ奇をてらわずといった感じですが
材料には気を使っているように思いました。


古いお店、いわゆるレトロ喫茶などと言われるところは
時代が止まったままになっていることもありますが
コーヒーハウス井戸は、不思議と現代的というか、

「昔はよかった」
みたいな懐古主義的な雰囲気だけでない気がします。


たとえばサイドメニューには
「マンゴー」「ココナッツ」「焦がしバター」など
最近人気があるものが取り入れられています。
また、メニュー表自体も綺麗です。

それでいながら振り向くとこんな自販機が。
たばこ自販機

今どき見かけないというか
写真やイラストでしかお目にかかれないようなものが
ちらほらとあります。黒電話とかね。


懐かしいお店というのは
「昔はこういうお店があったんだね」
みたいな感じで、博物館にでも行ったような感じで
眺めることが多いのですが

コーヒーハウス井戸は、昔のものがありながら
全体としては古びていないので
まるでこれらのものが新しかった時代、
何十年も昔のものが現代によみがえったような錯覚におちいります。



この不思議な感覚が
コーヒーハウス井戸の好きなところです。

いつか時代がひとまわりして
こういったお店がまた流行りだすといいのに。


カップボード


2階席も魅力


2階席は昼のみの営業ですが
特別に入らせてもらいました。

コーヒーハウス井戸、2階席

アンティーク家具

この屋根裏の感じ、アンティークな家具、
たまりません。


ずっといたいです。
ここで寝泊まりしてみたいくらい。

コーヒーマシン


楽器が置いてあったり
コーヒーの袋や器具が置いてあったりと
そこかしこに見ていて楽しいものがあります。

お昼の明るいときにも行ってみたいですね。


いろいろなシチュエーションで


最初にも述べましたが
営業時間も長く、電車でも車でも行けますので
かなり便利です。


コーヒーハウス井戸、OPENの札

車で近くを通りかかって一息、
御影を歩いていると遅い時間になってしまった、
軽く何か食べたい、

コーヒーハウス井戸は
そんなときに重宝させていただいてます。

スポンサーリンク

“コーヒーハウス井戸” への2件のフィードバック

  1. 間川三郎 より:

    オルガン修理完了しましたか阪本聖子ちゃんのライブ楽しみにしています美味しいコーヒーも楽しみです

    • はつかり より:

      オルガンはもう直っているらしいですね。

      ライブをやっているのは知りませんでした。
      また行ってみようと思います。

      情報ありがとうございます。

間川三郎 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ