コーヒー豆を酸味が強いか少ないかで選ぶなら

コーヒー豆を選ぶとき「酸味が強いもの」「少ないもの」で選ぶことは多いと思います。

しかし豆の説明を読んでも、あれこれと書かれていてちょっと分かりにくいかもしれません。


選びにくい


結局お店の人に
「酸味が強い(あるいは少ない)豆ってどれですか~」
と聞くことになります。

まあそれで教えてくれるからいいといえばいいのですが、あらかじめある程度でも知っていれば分かりやすくなります。お店の人が忙しくて聞きにくいこともありますしね。

そこで今回は「酸味が強いか少ないか」を基準にメジャーな豆の味をまとめましまた。




おおむねこんな順


コーヒー豆を酸味が強い順にならべると、


キリマンジャロ

モカ、サントス(浅煎り)

グァテマラ

コロンビア

サントス(深煎り)

マンデリン

ジャバロブスター

だいたいこんな感じになります。もっとも、細かい産地の違いなどでも変わりますので、この順はあくまで大まかな目安としていただければと思います。


一覧


あと、できれば焙煎についても知っておいたほうがいいです。コーヒーの酸味は豆の種類だけでなく、焙煎によっても変わります。

難しいければ「浅煎りは酸味が強い」「深煎りは苦みが強い」とだけでも覚えておくだけでも大丈夫です。

くわしく知るならこちらをご覧ください。

焙煎の意味を知ってコーヒーの味も知ろう!


つぎに、それぞれの豆についてもう少しくわしく書いていきます。


酸味が強いコーヒー豆


モカ


上品な酸味で、ほんのりと甘いような雰囲気があり、そして苦みが少ないという、とても飲みやすい豆です。

女性に人気があると聞くこともありますが、確かにティータイムにお茶感覚で飲みやすそうです。


エチオピアという国のものが多いからか豆自体も「エチオピア」と表記されることもあります。

目覚ましのモーニングコーヒーとしては「やさしく起こしてくれる」感じです。いいですね。

コーヒーになれていない方がとりあえず選ぶにもおすすめです。


キリマンジャロ


モカとならんで酸味が強いコーヒー豆の代表格で、より特徴が強い豆です。

僕のように酸っぱいのがあまり得意ではない人には「すっぱー」となってしんどいくらいです。

しかし、「キリマンジャロしか飲まない」という人もいるくらい、好きになるとやみつきになる味でもあります。


また、苦みもある程度あるため、味が奥深く飽きにくいでしょう。

モカよりもしっかりとコーヒーの風味を感じたいならこちらがいいです。


目覚ましとしては「よく通る声で起こされる」感じですですかね。キリっとしたいならこれです。

基本的には浅煎りが合うと思いますが、深煎りにするとより苦みが出てきます。


グァテマラ


苦みとのバランスがいいコーヒー豆ですが、やや酸味のほうが勝っていると思います。

上手に入れたらベリー系の果実のような香りがただよいます。優雅な気分になれます。

酸味が強いのが苦手な僕でも無理なく飲めます。飲みやすい豆のひとつですね。


はなやかな風味なので、目覚ましとしては「明るい会話で目が覚める」感じです。もう起きなきゃという気になれます。

キリマンジャロでは刺激が強すぎるなら、このグァテマラに落ち着くんじゃないかと思います。


コロンビア


こちらも苦みと酸味の両方ありますが、どちらも強く、けっこうパンチ力があるコーヒー豆です。

そしてグァテマラとは反対に、どちらかというと苦みが勝っています。「苦味も酸味もほしい」ならぴったりですね。


強い風味は目覚ましとしては「どついて起こされる」感じ? モーニングコーヒーとしては少々きつめですが、「気合だ~」という時にいいでしょう。

グァテマラよりもしっかりとした味が欲しいが、キリマンジャロでは酸味が強すぎるというならこちらです。


浅煎りのブラジルサントス


ブラジルサントスは苦味と酸味の両方ある豆ですが、浅煎りにすると酸味が前面に出てきます。

クセが少ないコーヒー豆なので、かろやかな酸味を味わえます。


ただ、ブラジルサントスは中煎り深煎りで出す店が多く、とくに深煎りだとまったく違う、苦味を感じる味になるので、焙煎の度合いが分からなければ注文しにくいです。



酸味の少ない豆


マンデリン


苦味の強いコーヒー豆です。酸味もあるにはありますが、強い苦味にかくれている印象です。

酸味が好きな人にはまるで向かないですが、苦いのが好きというなら、ぴったりの豆です。


傾向がはっきりとしているので、これも好きになると「マンデリンしか飲みません!」となる豆ですね。

先ほどのキリマンジャロとは逆方向にクセのある豆だと思います。苦味が強いので、コーヒーに飲みなれていない人も気をつけたほうがいいでしょう。


ブラジルサントス(深煎り)


ブラジルサントスも深煎りだと酸味が目立たなくなり、苦味が強めになります。

マンデリンほどきつくはないので、酸味少なめ、苦味そこそこ、というならこれです。


僕は一番好きな豆ですが、先ほどのべた通り、ブラジルサントスは浅煎りだとかなり酸味が強いので、焙煎の度合いが分からないなら注文しにくいのが難点ですね。


ジャバロブスター


マンデリンをさらに強烈にしたような豆です。酸味がほぼなく、ひたすら苦いです。

酸味が強いコーヒーが好きな人に出すのは、もはや嫌がらせの域ですが、いっぽうで「コーヒーはやっぱり苦味あってこそ!」というのならぴったりくると思います。


気をつけることは


最初にのべた通り、コーヒーの酸味は焙煎によっても大きく変わります。

ブラジルサントスは特にその傾向が強いと感じましたので浅煎りと深煎りで分けましたが、その他の豆も焙煎によって違ってきますので、できればいろいろと試してみるといいです。

まあ、あまりあれこれ考えるとわけが分からなくなるなるので、まずは上の順を目安にしていただければいいと思いますよ。


あと気をつけたほうがいいのは、酸味が強いコーヒーはカフェインが強くなる傾向があることです。

酸味が強い豆は浅煎りにすることが多く、そして浅煎りだとカフェインは強くなります。

飲みやすいのでぐいぐい飲んだらカフェインで目がギラギラ、ということもありましたので、ここには注意してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ